ヘルツの徒然日記
ドルカでドルカを無効!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブンブン回して感染させるだけ
早速ですがまず自分がここしばらく、征竜が本気出すまで使っていたデッキです。

モンスター(12枚)
暗黒界の龍神 グラファ×3枚
暗黒界の尖兵 ベージ×2枚
暗黒界の術師 スノウ×3枚
暗黒界の狩人 ブラウ×3枚
Sin スターダスト・ドラゴン

魔法(24枚)
一時休戦
無の煉獄×3枚
墓穴の道連れ×3枚
打ち出の小槌
成金ゴブリン×3枚
手札抹殺
死者蘇生
闇の誘惑
暗黒界の門×3枚
暗黒界の取引×3枚
トレード・イン×2枚
おろかな埋葬
アドバンスドロー

罠(4枚)
闇のデッキ破壊ウイルス×3枚
スキルドレイン

エクストラデッキ
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.22 不乱健
No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス
ヴェルズ・タナトス
ヴェルズ・ナイトメア
ガガガガンマン
ジェムナイト・パール
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
ラヴァルバル・チェイン
聖刻神龍-エネアード
リバイスドラゴン
リヴァイエール
獣神ヴァルカン
アームズエイド

DDクロウ
トランスデーモン2
カオスハンター2
暗黒界の尖兵ベージ
ライトロードハンターライコウ2
カオスポッド
大嵐
サイクロン2
スキルドレイン2
異次元からの帰還


まぁ、見てわかる通りで闇デッキをぶちかますことに集中。スキドレもセットで引いたらまず勝ち。
後攻でもグラファでバックはバキバキ叩き割ることができ、ヴェーラーは一切効かない仕様なので
ガンガン回すことができます。メインにトランス等をいれてもただのヴェーラーの的感が著しかった。

他には普通の暗黒と違い、軽く30枚近く掘れるので場にグラファグラファグラファとかは基本です。
自身最高の先攻場は不乱健グラファグラファベージベージ、門闇闇スキドレ伏せ2、ハンド1ですかね。

サイドは相手からの闇デッキやドロールを交わしやすく、またいなしやすい形。
そして各対抗札への対策、つまりサイドへのサイドです。メインで不利なデッキ等はいなかったので
相手の妨害をいかに潰すかの方がよっぽど重要でした。

個人的な総合感想としてはとにかく慣れるのが大変。たくさん回してミスしないようにするのが勝つ秘訣。

実際、勝率がどうだったのかという話ですがクソ高かったです。
一番最後に出たCSでもヴェルズへの対策が薄かったもののそれ以外全勝で4-1でした。(チームは負け)
その前に実験に出た非公認も3か4連優勝ってレベルだったのでえげつないことは間違いなかったはずw

征竜が来た今もひょっとしたらスキドレの量次第では全然いけるのかもしれませんが
最近はとりあえず全然触ってません(´-ω-`)

CSで激アツだったのはETをヘブンズストリングスのバーンで制したのが一つ、
異次元からの帰還で10000対2750から押しつぶしたことですねw


次に征竜への当たり方ですが、まぁまず前提として
・クリムゾンブレーダーのように動きへの大きな抑止策がある。
・負けないぐらいに大量にアドを稼ぐ方法がある。
せめて片方がないと厳しいと思われます。

てか、この時点で相当使えるデッキが限られる。これが今の現状です。
故に自身もクリムゾンブレーダーを食らうとやばいデッキが現環境には多く、
対策の一つとしてはクリムゾンブレーダーに切り捨てられるモンスターを場に置かないことです。
一時期、征竜にチラホラしていたカードガンナーが消え去ったのもこれが大きな理由でしょう。

あとは罠ですね。魔導の存在からかなり軽視されていることが征竜の追い風となってるのは間違いなし。
なので最近は魔導などにメイン奈落等が戻りつつありますね。
魔導の場合はミラーで罠宣言トーラを魔法宣言トーラで無効にできるので奈落等はかなり通しやすいです。
罠の採択としては奈落、警告、宣告、マイクラ、デモチェ、ブレイクスルー等がいいんではないでしょうか。
最大のオススメは内緒です。櫃じゃなくてタイムカプセルにいれておきますw
スポンサーサイト


これは中々難しい。
最近、全然カード触ってませんでしたw旅行とか行ってる間もデッキは考えてて良いものが固まりましたが
それが使えるのはもう少し先。しばらく誰かにデッキでも貸してもらおうかなって、そんな感じ。

ところでまた少し環境が動きましたね。征竜の本気の襲来なう。
征竜の持ち味はキル力などではなく、継続し安定したアドバンテージを持って中期的、時に短期に攻める
大型モンスターデッキです。故に中途半端な攻め方しかできないようだとすぐに飲み込まれます。
打ち寄せて、引いてはまた大きな波を打ち寄せる。そんなイメージでしょうか。

メインからビッグアイ、レダメがいることで闇デッキが簡単に放て、
ドラゴサック、ライダー等の非常に面倒な耐性を持つカードをポンポン繰り出すさまは
正に新王者といった感じでここ数週間の環境を読んで字のごとく席巻しました。てか、してますw

また、一方でこのデッキの面倒さは征竜の仕組み自体にもあり、それ故に明確なメタができるカードが
少ない状況と言えます。簡単にいえばどれもどれなりにそこそこの抜け道があり、例えばインゼクターへの
マクロコスモス、聖刻への生贄封じの仮面のように絶対的と言える一枚札のメタカードがありません。
それが征竜の暴れ具合にも拍車をかけているといえるでしょう。

こうして征竜が本気を出し始めてから、周囲、いや全TP達が征竜を潰すかに焦点を当て始めました。
ここでまず手を挙げたのが最早お馴染みであるヴェルズ。征竜自体が大型揃いなのでオピオンを消すことが
出来ない限りは手も足もでません。
しかし、征竜側にはブラスター、ボマードラゴンなどの突破策がいくつかあり守れるか否か勝負の様相を
呈しています。まさに殺るか殺られるか。

実際、ここしばらくのトーナメント分布を見ればこの思考を多くの人がもっているのは明らかで
デッキ分布が征竜、ヴェルズ。これに魔導、炎星が続くという形になっています。
塞ぎ込めるか破られるか。結果的には破られている結果の方が多いようですが。

とまぁ、昨日まではこのような感じでした。昨日までは。
この現状を黙って見ていた、いやタイミングを図っていたといえるのかもしれません。魔導の復活です。
先日の関東CS、なんと上位を魔導のみで占められてしまうという事件が起きました。

しかし、これは当然と言えるのかもしれません。魔導が衰退した理由は間違いなく闇デッキの蔓延。
ところが征竜の進行、それに伴うヴェルズの増加によって征竜のメイン闇デッキは消え、他のデッキでも
明らかにメインからの闇デッキは消えor少なくなりました。これを魔導が見逃すはずがありません。
しかも魔導はメインジョウゲンと完全に征竜を制する形できたものですから、さぞ強かったと思われます。

ただ、あれですね。この環境の推移は非常に面倒くさい。
闇が消えて、魔導が戻り、でここで闇を戻すだけで全て事足りるかといえばそうでないから。
当然これだけの猛威を振るう征竜、ヴェルズがいなくなるはずはないのでメイン闇にするとそのせいで
ミラー等で足を掬われかねません。だからといって中途半端にいれてもなーといった感じもあるので
ここからが一番カード採択が難しくなると思われます。


次は自分がしばらく使っていたデッキと解説、征竜への当たり方を書いてみます。




Copyright © ヘルツの徒然日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。