ヘルツの徒然日記
ドルカでドルカを無効!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魔導書は炎で燃えるのか
最近忙しくてほんますんません。気分悪くてもどつかないでください。


とりあえず魔導の本気が襲来し、その膨大なアドに対抗しうる炎星と征竜の力を得たもの、闇デッキという
環境への秘密兵器を搭載したデッキで環境は構成されているようです。

魔導書の神判で毎ターン手札が4+ジュノンになるさま、そして先行から魔法が溢れるこのデッキに
一番対抗策となりうるのは間違いなく闇ウィルスであることは間違いありません。
下手したら次でなんか制限うけちゃうんじゃ、ってレベルに使われています。

またそれとは別に炎星と魔導の動き、カードの特徴から非常に罠が弱い環境だと言われており、
実際そうだと自身も感じています。
故にヴェーラーは3枚いれるのが当たり前な虫時代のような状態になっていて、言わばモンスター効果も
魔法も罠も満足に使えない非常に異様な状態と言えるかもしれません。
モンスター効果のみに展開を頼らず、魔法だけに頼らずなデッキを使わなければこの環境を乗り切ることは
難しいと言えることは間違いないでしょう。

具体的にこれが体現できているのは今の炎星で、闇デッキ魔法宣言にもタイヒョウユウシの魔法サーチが。
チョウテンへのヴェーラーはテンスウ爆発が、バック割りにはブラスター、動きの根本は
次の一手が常に続く構成。炎舞+セイリオスでこのデッキ自体も闇デッキが発動可能とこの環境で
非常に理想的といえるように感じます。「今からデッキ作るなら何がいいですか?金は惜しみません。」
と言われたらまずこのブラスター炎星を推すでしょう。

あれ?魔導は?って感じですがこいつも間違いなく強いです。ただし、あまりに環境に闇デッキが
流行り過ぎて最早先行後攻で命運分かつジャンケンゲーにも近いような気がします。

ここまでで魔導と炎星の簡単な説明はできたので次は征竜で新たな力、ってより安定性を得たデッキ。
それがラヴァル、ドラグニティ。元々回ればかなり強いデッキなので征竜で得た安定性は凄まじいものに
なったと言える。のですが、これがこれでまたしんどいことに基軸が魔法寄りで闇デッキの影響をもろに
受けてしまいます。これが非常に頂けない。

ラヴァルはヴェーラーのダメージ小、闇でのダメージ極大。
ドラグはヴェーラーのダメージ中、闇でのダメージ大。恐らくこんな感覚。
もちろん創意工夫である程度はカバーできるものの環境の現状が痛いことに変わりはありません。
ただ、ドラグニティもラヴァル(ちょっと怪しい)も一応闇デッキを撃てるデッキであり、
試してみる価値は大いにあるでしょう。どっちがいい?って聞かれたら俺はドラグニティ選びます。
闇デッキを引けさえすればかなり撃ちやすいです。

では、最後に闇デッキの力をメインにしたデッキについて。
これは細かいものまであげれば沢山あると思いますが、ただこれを考える上で大事な事が2つ。
当たり前と言えば当たり前のことばかりかも知れませんが、

まず一つ目は「闇引かなかったときはどうすんの?」
ということ。それこそ至極簡単に撃つ方法として闇+sinスタダ、闇+ガンナードラゴンなど
色々ありますが、じゃあこれらを扱うデッキは闇を引かなかった時、環境で戦えるのか?と
聞かれれば答えはほぼNOでしょう。
魔導の暴虐的アド、炎星のバランスと恒久的なアドについていくことはまず叶いません。望み薄し。
故に引けない時には引けない状態でも環境に対等レベルで戦えるデッキでなくてはなりません。

次は「撃ったあとどうすんの?」ということ。
当然闇2500以上という大きなものをリリースして発動する罠ですから場が開いてしまうことが
中々に多いと考えられます。この状況に例えばユウシのアタックを決められてしまった場合、
動きの軸になる魔法がドローでなくサーチで相手の元に追加されます。
これは下手するとそこからサーチだけで崩したはずの戦線を築き直され、闇デッキがあったかどうか
分からないレベルにまで修復されてしまいかねません。

これは魔導でも言え、闇デッキに速攻魔法の魔導書を用いた後にテンペルを出すことにより場にジュノンを
降臨させることができます。
要するに何がいいたいかと言うと闇デッキを撃つことを考えるなら撃った後のことまで考えなければ
ならないのであって、撃つだけを目的とするならその結果は求めていた結果にかなりそぐわないものに
なる可能性が高いです。当然と言えば当然で相手も撃たれるかも・・・とは思って作ってるのですから
いざという時の策はもっていて普通なんです。

これを踏まえて再び環境に現れたのがヴェルズ。オピオンというレベルの大きなモンスターの特殊召喚を
封じ、かつ闇デッキの媒体にもなれるあいつが戻ってきました。
対星4の炎星は苦手な印象が強かったですが今の炎星ならシンクロ寄りになった現在、
多少やりやすくなりました。オピオンでホウシンを妨害するだけで相手はループを築けなくなります。
また魔導にもオピオンが有効で動きが恐ろしくなった代わりに下級がとても減った為に
対オピオンに有効なヒュグロの魔導書も使いづらいと言えます。故にジュノンが場に出せず一方的な試合に
されかねません。

じゃあヴェルズ一強?と思いきや、そこはやっぱり4炎星の動き、ブラスター、闇を引けてない時というのが
壁で常勝できる!というのは難しい現状だと思われます。
ただし、今回のコナトーでヴェルズが優勝したこともありひょっとしたら増えてくるかもしれません。

ざっくりした感じでしたが簡易考察終了します。ご質問は気軽にどうぞー。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


なるほど勉強になります。闇デッキ打ててトイトイ、打てないと無理。環境トップと戦うのはキツイですね。まだインゼク相手に戦ってた環境のが楽だった気がします。
| URL | 2013/02/26/Tue 22:18 [編集]
無理とまでは言いませんが、3,4,5レベルに開いたアド差を埋める方法がないと厳しいですね。打てれば相手も対策が綺麗にはまってないと負けなんで非常に優勢になることは間違いないです。事後ケアを考えないといけないのは炎星ですね。

個人的には虫環境よりこっちのほうが好きです。あの時より見なきゃいけない範囲が狭い分、メタで甚大な被害を与えられるものがあるのでやりやすいです。
ヘルツ | URL | 2013/02/26/Tue 22:28 [編集]
最近、結果を残している、征竜はヘルツさん的にどう感じてますか?征竜に対する考察と、今期どう戦って行くのか知りたいです。
| URL | 2013/03/16/Sat 21:11 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © ヘルツの徒然日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。