FC2ブログ
ヘルツの徒然日記
ドルカでドルカを無効!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分がわかる程度にマーメイルを②
今度はマーメイルの動きと対策を。
前回のはいわば知らないと負けちゃうマーメイルの裏側みたいな。
今度は表向きの強さと対策について。

水精鱗は前記事で説明した効果のモンスター達に加えて

【水精鱗ーメガロアビス】レベル7・海竜族・水
自分のメインフェイズ時、手札からこのカード以外の水属性モンスター2体を墓地へ捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、デッキから「アビス」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカード以外の自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する水属性モンスター1体をリリースする事で、このターンこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

【深海のディーヴァ】レベル2・チューナー・水・海竜族
このカードが召喚に成功した時、デッキからレベル3以下の海竜族モンスター1体を特殊召喚できる。

というモンスターを軸に戦います。

この2体をサーチするのに海皇の龍騎隊が力を発揮し、龍騎隊や他海皇を捨てるために水精鱗が力を発揮
また、捨てた重装兵と狙撃兵はアビスタージで回収できて、狙撃兵はアビスパイクでサーチできます。
言ってみれば効果発動のための弾を常に保持しておくことができます。ちょっとインゼクターチックな感じ。

あと効果はNS、SS時の誘発なので神の警告などでなければ効果の発動自体を防ぐのは難しい。
正直、水精鱗の効果より捨てられたものの効果が怖いのでなんとか効果発動そのものを防ぎたいところ。

あと、マーメイルには簡単なキルパターンが存在し、それが深海のディーヴァ+メガロアビス。
ディーヴァNSから狙撃兵。ここにメガロアビスを出す。メガロアビスの2回攻撃効果の為にディーヴァをリリース。
メガロアビス×2+狙撃兵+狙撃兵効果で龍騎隊を出す。でジャスト8000ってやつです。

もう一つはメガロアビスでアビスヒルデを捨てて、適当な水精鱗をSS。狙撃兵NS。それかから蘇生した水精鱗を
メガロアビスでリリースしてという流れも上と同じ流れになります。

他にもあるかもしれませんが代表的なのはこれです。

要するにインゼクターと似たように効果発動の為の弾を保持し続け、ワンキルも狙えるってデッキ。
ただ、もちろんインゼクターほどひどいデッキじゃないので大分マシw

ここで、アビスフィアーの時のように知らなきゃ困る怖さを一つ。
水精鱗ーメガロアビスには自身の効果で出てきた時に「アビス」と書かれた魔法罠をサーチする効果があります。
これ自身は別に大したことはなくて、効果がこのタイミングで発動することに実は恐ろしさがあります。

狙撃兵やら重装兵ってスターダストあれば余裕じゃね、と思いきやこの効果発動タイミングのせいで潰されます。
もちろんアビスパイクやアビスタージの効果発動でのコストなら大丈夫ですが。

スターダストや他の破壊を防ぐカードもそうですが、その破壊効果自体にチェーンしないと無効にはできません。ここでメガロアビスにサーチ効果があると重装兵や狙撃兵の効果発動タイミングにもう一つチェーンを作ることができるようになる。すると、チェーン1重装兵チェーン2メガロサーチと自身でチェーンを組むことができるようになり、結果的に無効系カードは発動できずに割られてしまうのです。

なのでスターダストや我が身を盾にをもっていてもメガロアビスが来てしまうと簡単におさらばしちゃうんです。
超ウザイです。これを知っている知っていないは相当な差が出ます。


まぁ、こんなもんで水精鱗の回り方、強さの説明は終わります。他にもあったかもしれませんが重要なことは書いたと思いますよw


では、次は対策について。
当然手札コストを伴い、かつコストにされたカード達は墓地発動。アビスリンデも墓地発動となれば
次元の裂け目のような次元カードが絶大な影響を及ぼします。次流行るであろうトラップスタン等を考えると
マクロコスモスより次元の裂け目の方が使いやすいかもしれません。

あとは禁止令。
次元カードが使えないデッキなら禁止令「海皇の重装兵」というだけでかなりの影響を及ぼすことができます。
それこそスターダスト+禁止令などはかなりの制圧力があります。次元が使えないデッキなら中々にお勧めかな。

他には海皇の重装兵など何らかの除去手段を使わないと処理が難しい2400より高い攻撃力のモンスター。
特にマシンナーズ・フォートレスは水精鱗のみならず他にも流行ると思われる六武カラクリにも大きなダメージが
与えられる強力な1枚ではないかと考えています。
除去の為に海皇の重装兵効果を当ててしまうとハンデス出来て、かつ蘇生が簡単。おそらくメイン戦闘なら対水精鱗最強クラスのアタッカー。

あとは効果発動自体を防ぐことが出来る最強の対策カード。ショックルーラーのモンスター効果宣言。
自分のターン中で処理されないようにしておけば、メガロアビスのSSもできなくなる以上、ゲームが成り立たないくらいの被害を与えることができます。ここもインゼクターと似てますね。

また、アビスパイクとアビスタージの効果発動が任意であることも虚を付くチャンス。
例えば魔轟神ケルベラルを捨ててサンダーブレイクを発動し、アビスリンデを破壊する→サンダーブレイクの効果を処理した後、アビスリンデの効果が発動。これと同じタイミングでケルベラルの効果が発動→すると自ターンならば優先権によりチェーン1ケルベラルチェーン2アビスリンデとなる。
するとチェーン2でアビスパイクやアビスタージを出すことになり、こうなると任意効果は発動不可。こうやって
アビスリンデをかいくぐることもできるって訳です。セットクリッターからブラックホールを撃つ、クリッターNS時から激流葬を撃つ等も同様です。


割とざっくり感は否めませんが、この辺で水精鱗説明②を終わります。後半疲れてきたので上記のように誤字脱字や書き忘れた事あるかもしれませんが、ご容赦くださいw

前記事と本記事を読んでおけば、水精鱗を大概は理解できるんじゃないでしょうか。
読者様の+になれば幸いです。では。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


まーめいるとっても参考になりました!ありがとうございます

一つ質問したいのですが今期はブリキガジェと純マシンガジェどちらの方が強いと思いますか?またマシンカラクリについてはどのようにお考えでしょうか?
ナス | URL | 2012/08/19/Sun 11:36 [編集]
No title
あくまで個人的な意見ですが、難しいところだと思います。
先攻ギアギガントは強いのですが、水精鱗相手だとバックは簡単に剥がされてしまいますし、重装兵でギガントも簡単に割られます。なのでここはモンスターでの強い圧力が必要だと思います。

ガジェを使用するならやはり相当な影響を及ぼすフォートレスは使いたいところ、でもガジェを1体ずつちんたら出してるようじゃリンデ攻略すら大変なので構築はこの2デッキの間をマシン寄りに取れることが望ましいと思います。六武やカラクリのことを考えてもやはりマシン寄りではあるべきでないでしょうか。

マシンカラクリに関してはよくわかってなかったので、調べてきました。中々いいと思われます。間を取ることが中途半端になる場合はこっちの方が余程強いと思われます。

メガロの裏目はあるとはいえ、やはりスターダストを作れるのは強い+フォートレスとシンクロの2段構えで攻めることができるのは大きい利点だと思います。

ヘルツ | URL | 2012/08/19/Sun 15:41 [編集]
No title
1の方でもマーメイル使ってる身として参考になりました

でもフォートレスはあまり効かないと思います
対象取らない効果破壊のカタストルを出すためのディーヴァがいます
そのディーヴァは毎デュエル引くぐらいですので
ディーヴァ3竜騎3カードカー3剛健2なので、フォートレスはあまり効かないと思います
かめきち | URL | 2012/09/03/Mon 23:53 [編集]
No title
ただ、そのカタストルも逆を言えばそれさえ処理されると劣勢は必至ですし、カタストルはフォートレスにギアフレームをユニオンして殴られると死んじゃうので割と単純に対応できます。
完璧なモンスターではありませんが、セットリンデにも気軽に殴れる以上とても面倒なことに違いはないと思います。
ヘルツ | URL | 2012/09/03/Mon 23:59 [編集]
No title
はじめまして。

マーメイルの事を調べていたのですが、とても参考になりました。

一つ質問なのですが、アビスリンデの効果は「場合」なのでタイミングを逃さないのではないでしょうか?

間違っていたらすいません(^^;
DAN | URL | 2012/09/05/Wed 16:28 [編集]
No title
アビスリンデがタイミングを逃さないのはその通りです。
ただ、この記事で書いているのはそうでは無くリンデで出てくるアビスパイク、アビスタージのことです。こいつらの効果発動は任意、時です。

つまりリンデに対してクリッターセットからブラックホールやサンダーブレイクコストケルベラルのような破壊の流れをとると、リンデはキチンと効果は発動しますが、ブラックホールやサンブレ処理後に出てくるアビスパイク、アビスタージの登場タイミングを優先権によるこちらのクリッター効果発動でチェーン1クリッターやケルベラル、チェーン2リンデ効果からのアビスパイクorアビスタージという形に持ち込むことができます。
こうしてチェーン2でのリンデ発動にもちこむことでアビスタージ、アビスパイクは任意、時である以上効果の発動ができません。端的に言えばリンデから実質バニラを出させるだけで済むということになるんです。
チェーン処理の任意の処理がよく分からない場合はwiki等を参照してください。

参考になれば幸いです。

余談ですが、インゼクター期に頭角を表せなかった理由の一部にセンチダンセルからのホーネットでリンデを割られると、ホーネット処理後のセンチダンセル効果がチェーン1、チェーン2リンデとなり上記のような状態になってしまう事がありました。
ヘルツ | URL | 2012/09/05/Wed 17:14 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © ヘルツの徒然日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。